学生時代の友人と子育て施設でランチタイム

先日学生時代の同級生とランチをする機会がありました。ランチといっても、地域が運営している“ママカフェ”という名の子育て支援施設にあつまり
食事は各自用意してその場で食べておしゃべりをするといった感じで、少し衝撃を受けました。子育て中のママは普段おしゃれなお店に入れないからこんな時くらい
おしゃれなカフェでランチをしたいのかと思いきや、子どもがいるとそうもいかない様子。子どもが思い切り走り回れる広い場所と価格の安さやおもちゃの多さなど
そういった環境のほうが大事なようです。5人の友人のうち、子どもがいないのは私ともう1人。でもそのもう1人は保育士として働いているので子どもの扱いはお手のもの。
この状況に衝撃を受けているのは子どもがいない私だけでした。実際に行ってみて楽しかったのですが、おしゃれなカフェでの食事を期待していた私はなんだか気が抜けてしまいました。妊活中なので、子どもができたあとのリアルを体験できた気がして勉強になった一日でした。2歳児は想像以上に暴れん坊でゆっくりご飯なんて食べてくれないのですね。最近の集まりがキッズルームのあるカラオケかこういった施設になったことに時の流れを感じました。銀座カラー 料金 分割