折り紙で動物やお花を作ることにはまっています。

子どもが風邪をひいてしまい通園許可がでるまで家にこもっていなければならず、絵本やおままごとなど一通り遊んでやることがなくなってしまい、全然手をつけていなかった折り紙に挑戦してみました。
昔と違い、色とりどりの折り紙があって折り方もネットで調べられる時代ですので、子どもの好きな動物やお花を作ってみようと挑戦してみました。
折り図だけでは複雑な折り方を理解できず、調べたり動画サイトで見ながら完成させることができました。
動物を作った時よりもお花を作ったときのほうが喜んでくれたので、お花をたくさん作ってみようと思いました。
折り紙1枚で立体的なお花が作れたのがきっかけで、子どもより私が折り紙にはまってしまい、立体的なお花を40個コツコツと作ってくすだまを作ることに成功!
家事と育児の合間にコツコツと作りためて組み立て終えたときはものすごく感動しました!
ものすごい達成感とともにまた違う作品を作り上げたいと思い、今は何を作ろうか、さらに大作を作り上げるぞという意気込みで育児に家事をさっさと終わらせ折り紙の時間を増やしたいなと思います。
新たな趣味を見つけることができて生活の楽しみができました。ミュゼ 100円 追加料金

使い慣れない便利家電はやっぱり使わなくなる

便利家電はおろか、一般家庭の多くで所有しているであろう、炊飯器や掃除機すらない我が家。
そんな我が家が以前導入した便利家電があります。
それは空気清浄機。
新型インフルエンザが日本上陸し、大騒ぎした年に購入しました。
なんでも、空気清浄機が室内のインフルエンザウイルスを除去してくれるというじゃありませんか。
あの頃は家電量販店の空気清浄機が軒並み売り切れてしまうほど、みんな買ってました。
我が家も店をはしごし、ようやく在庫を見つけて購入。
空気清浄機の大手メーカーで、品質は保証済み。
たしかに購入した年は、使ったらなんだか家の中の空気が綺麗になった気がしました。
なにより臭いを除去するので、空気を吸うとすがすがしく感じたものです。
ところがこの空気清浄機、メンテナンスが結構大変。
頻繁に掃除をしないといけないし、フィルターも年に2〜3回交換しないといけません。
このフィルターがまたお高くて、交換用のものはメーカーからお取り寄せしないといけなくて、1セット5,000円もします。
だんだん掃除するのも面倒になり、当然掃除をさぼれば清浄機能も低下し、結局ただの送風機に。
大きなものなので処分するのも一苦労。いまはとりあえず押入れの奥で眠っています(汗)http://www.doctoraalisa.com/