移籍しただけでこんなにも税金が変わるもんですか…

今季までマーリンズでイチロー選手らと共にプレーしたスタントン選手はトレードでヤンキースへ移籍しました。そのスタントン選手ですが、実はこの移籍によって巨額の税金を納めなければならないようです。

一体なぜそんな事が起こるのかというと、アメリカでは個人の所得に連邦、州、2つの税が課されるんだそうです。この内連邦税はアメリカであれば変動しませんが、もう一つの州税は州によって大きく変わります。

そしてこれまで所属していたマーリンズはフロリダにあります。そのフロリダはなんと税金が0なんです。しかしヤンキースがあるニューヨーク州は高額所得者に9%もの税率を課しています。これにより大きく納税額が変わる訳です。更にニューヨーク市に住む場合は更に3.9%もの税金を納めなければなりません。

スタントン選手の年俸は10年で2億9500万ドル、この内の約2900万ドルを納税するとドルでは2900万と少なく感じなくもないですが、日本円にすると32億6600万円程になると言いますから凄まじい金額です。

しかしスタントン選手はそのお金を払ってでも優勝を経験する為に強いチームでプレーしたかったそうです。野球選手にとっては重要な事ですからね。

そもそも今さら元が大金だけに優勝に比べれば些細な事なんでしょうね。キャッシング すぐに借りたい

正しく淹れたロイヤルルクティーが美味しかった話

ミルクティー、ロイヤルミルクティー、この二つの違いは何かって、ご存知ですか?実は淹れ方の違いなんですって。
予め完成している紅茶に、温めた牛乳を少量注いで作るのが、ミルクティー。
お鍋などで水と牛乳を半々ずつくらいで沸かして、茶葉を蒸らして作るのが、ロイヤルミルクティー。

この違いを知っていても、なかなか自分でロイヤルミルクティーを淹れている方は少ないのではないかと思います。
以前、この違いをお友達から教わったものの、へえ〜!と思うだけでやらなかった私。今日はそのお友達の家に遊びに行ったんです。
お友達は私がその話をすると、じゃあ淹れてあげるよ!と、ロイヤルミルクティーを淹れてくれました。

運ばれてきて最初に驚いたのは香り。牛乳を注ぎ入れるだけのミルクティーとは全然違うのです。
味はというと、場の雰囲気やわくわくとした気分の高揚からではなくて、本当に深みのある美味しさでした。
お友達いわく、安い茶葉を使っていても、淹れ方次第で本当に香り高くコクと深みのある紅茶になってくれるのだそう。

今度は自宅で自分で要れようと思います。ミュゼ 足